ガラケイからスマホに移行スピードと


スマホのLINE@
の進行スピードとは
桁違いに早いものがあります。

「仮想通貨」の「ビットコイン」スピードが
凄まじい勢いで進んでいます。

信じられないようですが進行スピードは、
「仮想通貨」の時代予想以上に急激に来ます。
(通信費無料の時代も信じられなかったですがきました)
今世界は「通貨のデジタル化」を急いでいるようです。

一般的な仮想通貨のイメージ
仮想通貨としてイメージしやすいのは、
オンラインゲーム内の通貨です。円やドルを支払って、
ゲーム内で使われている通貨を手に入れれば、
そのゲーム内で使われている通貨が“使える”ゲーム内のお店で、
アイテムを買うことができます。
ゲーム内でのみ使える、仮想の通貨です。

電子マネーとビットコインの違いとは
仮想通貨と似たような概念として、電子マネーというものが
存在します。この電子マネーと大きく違います。
電子マネーは現在一般的に利用されている電子マネーは、
基本的にはその地域で使われている通貨を使って
電子的に決済します。

ビットコインは、
何らかの端末に円をチャージする
というものではありません。
ビットコインを利用して商品を購入する際には、
まず手持ちの円という通貨をビットコインという通貨に
両替しなくてはなりません。

 

仮想通貨の運用で取り入れた国の実例では、
「仮想通貨」のスピードがもっとも速いのは
スウェーデン・ノルウェーです。
2020年までにキャッシュレス・エコノミーへの移行をします。
スペイン、イタリア、フランスでは
高額紙幣の流通を禁止して現金での高額取引を禁止しています。

 

日本も東京オリンピックに合わせて
キャッシュレスに移行する準備を進めています。
西側先進国のほとんどが
「仮想通貨」への移行に着手しているのです。

 

この続きは
→ >> 「仮想通貨」のビットコイン詳細はこちらをクリック