住宅ローン残債での住宅ローン借換は、審査基準とは

住宅ローン審査速攻承認プログラム2そもそも残債アリでの新たに住宅ローンの借換は可能でしょうか?

ケースとして、中古住宅購入して入居して築年数が古く、

住みづらいことから建替えによる新築したいが住宅ローンの

融資は金融機関の審査基準はどのようになっているでしょうか?

結論から今の会社に勤め始めてからの勤務年数の期間と、

ある程度の所得があれば借換の審査基準は可能になります。

>> 住宅ローン残債ありの借換の審査基準はこちら

 

 

 

一般的に3年以上あれば良いとされています。

同じ職種の転職キャリアアップで1年以上あれば申込可能になります。

10年以上になると、金融機関の借入審査にはかなり有利になります。

 

 

しかし、銀行によっては勤続年数が1年~3年未満では、
申込できない場合がありますので、申込する金融機関の規定はよくご確認ください。

残債ありの場合は、事前に「住宅ローンの信用調査会社」の3社で返済に不安がある場合、

予め履歴確認をしておいてください。

 

・全国銀行個人信用情報センター(KSC)

・株式会社シー・アイ・シー(CIC)

・株式会社日本信用情報機構(JICC)

 

住宅ローンの信用調査会社3社で返済履歴やカードローンの借入など

事前に確認が必要になります。履歴に記載がなければ第一関門が通過となり、

金融機関に相談ができます。

※信用調査会社1社あたりの確認に必要な費用は1,000円となり、
電話連絡後に手続きは郵送となります。

 

 

第一関門がクリアとなれば、金融機関に相談となります。

第一に現在返済中の金融機関に相談をおすすめします。

 

※事前審査に必要な書類として、運転免許証、会社員の場合は前年度の源泉徴収、

自営業の方は過去直近の確定申告3年分と健康保険証の写しと

現在の住宅ローンの返済一覧表の控えの書類が必要となります。

 

 

 

勤続年数は、社会保険の保険証などに記載があります

前年度の源泉徴収票にも記載がありますので勤続年数の
ごまかしはききません。

 

会社からの辞令で、子会社や関連会社に出向している場合には、
勤続期間ということでカウントされます。

 

これは必ず金融機関の担当者には必ず伝えましょう。

 

 

健康保険証の入社年月日が、勤続年数と違う場合にも同様に、
金融機関の担当者には必ず理由を伝えましょう。

 

黙っていると、金融機関の担当者から勤続年数をごまかしていると
思われてしまうかも知れません。必ず、金融機関の担当者に伝えましょう。

 

 

さて、住宅ローンの残債ありの借換の審査基準に不利なのは勤続年数1年未満では、
住宅ローンの申し込みはできないのでしょうか?

 

条件により住宅ローンの残債ありの借換の審査基準に不利か?

⇒そんなことはありません。

1年未満でも申込をする方法はあります。

>> 住宅ローン審査速攻承認プログラムはこちら

住宅ローン審査速攻承認プログラム1

 

 

金融機関によって住宅ローンの残債ありの借換審査基準があります

銀行によっては、絶対にダメというところもあるかもしれませんが

担当者にかけあってみると、結構、話に乗ってくれるものです。

住み替えの場合の残債有りで新たに住宅ローンの申込審査基準も同じようです。

 

 

転職後間もない場合は、異魚種は問題ですが同じ業種のキャリアアップによる
転職理由は重要な判断材料になります。

 

 

キャリアップの他に会社の倒産で辞めざるを得なかった場合?

 

転職も職業も同じで地元にUターンして、両親の面倒を見る。
奥さんの実家近くに同じ職場に転職の場合、

 

ヘッドハンティングによるキャリアアップに
より条件の良い会社に移ったのかで

 

金融機関の担当者の判断も変わるということです。

 

 

ちょっと考えてみていただければ
お分かりかと思いますが、

 

ヘッドハンティングでしたら問題ありませんが
リストラ・・・ということでは不安要素になりますね。

 

「リストラとは」、言わないほうがいいですね。

 

 

言わなければわからないことは、言わない方がいいのです。

 

リストラかヘッドハンティングかなどということは、
調べようがないことですので、一般的には大丈夫です。

 

まあ言わなくても、
毎月の給与の明細書や年収等でばれてしまいそうですが!

 

 

1年後には上がる見込みだとでも話しておけばいいでしょう。

1年後に運よく年収が上がる場合はラッキーですね。

 

 

 

ところで、勤続年数が1年未満の場合でも

少なくても6か月以上の勤務実績が必要となります。

 

3か月分の給与明細の平均額をもとに
年収を想定し、審査を行います。

 

転職を頻繁に行っている場合は金融機関の担当者の印象は悪くなり
途中で審査が通らなくなりますから注意が必要です。

 

 

勤続年数が1年未満の場合、勤務先から年収予定額を提示する書類を
求められる場合もあります。

 

 

勤務先の経営状態や想定した年収、自己資金の有無なども

承認か否認かの判断材料となります。

勤務先の経営事項審査状況によっても変わります。

 

 

上場している企業の場合、
または公務員、医師、弁護士、会計士、税理士、司法書士などの

 

資格が必要な職業についている場合は有利になります。
また、住宅ローンの金利や住宅ローンの条件が変わる場合もあります。

 

 

自己資金が全くなかったり、勤務先が大企業ではないという場合は、

やはり勤続年数は、3年以上あった方がよろしいようです。

住宅ローン残債有りでの住宅ローン借換は、審査基準は特に

属性条件(勤務年数、年収、他の借入状況)が重要になります

>> 住宅ローン残債有りの借換審査の秘密を大公開はこちら

 

 

 

 

 

 

保存

保存