住宅ローン審査が通らない理由!とは

口座引落しができず支払いの滞納があり、金融機関の履歴ついてしまった。 消費者金融からの借入、カードローンの借入残高などある場合は、 住宅ローン審査が通らない理由として一般的には金融事故が挙げられます。

>> 住宅ローン審査のテクニックを大公開はこちら

住宅ローン審査速攻承認‐フラット35 中山恵理子 攻略法 口コミ

 

 

申込者本人の個人の信用情報を審査する機関は以下の3社が行います

・日本信用情報機構(JICC)

・シー・アイ・シー(CIC)

・全国銀行個人信用情報センター(KSC)

 

 

申込者が住宅ローン審査が通らない理由として挙げられるのは、 過去10年間の履歴でカードローンや携帯電話などの返済に大きな滞り、 金融事故がないかを調べています。

 

また、カードローンや消費者ローンの借入れがあるかないかで 住宅ローン審査が通らない理由としてあげられていますが、 保証会社からその情報は銀行担当者まで行きませんので、 事前審査や本審査の情報がわからないまま審査が通らないことになります。

 

 

個人信用情報で問題がなければ住宅ローンの事前審査は承認となります。 銀行ローンの審査とフラット35の住宅ローンの審査方法は違います。

 

みずほ銀行の大手銀行の住宅ローンと地方銀行の住宅ローンの審査はほぼ 同じですが、ロウキン、農協の住宅ローンの審査は少し異なりますし 信用会社の見る場所も違ってきます。

住宅ローン審査速攻承認プログラム2

 

住宅ローンの審査には、事前審査と本審査があります

事前審査は、申込本人が直接銀行に出向かなくても、 住宅メーカーや不動産屋等が銀行に持ち込んで手続きをしてくれたりします。

 

請負・不動産契約の際のほとんどの場合事前審査を済ませてから契約を結びます。 しかし、ここで気をつけなくてはならないのは、仮審査で「承認」になって も本審査で必ず承認になるとは限らないということです。

 

 

事前審査はあくまでも仮の審査であり、住宅ローンを借りられるという 約束をもらったわけではありませんので、安心してはいけません。

 

事前審査で OK だったのに本審査で否認になってしまう人沢山います。

 

まずは、仮審査と本審査ではどこが違うのかを理解してください。

 

仮審査では、年収・勤続年数・勤務先の属性・勤務形態自己資金の有無 などから、返済負担率を計算し借入したローンの支払いができるかどう かを、判断するものです。

 

ある程度の収入がある場合は、ほとんどの場合、仮審査は通過します。

 

本審査は、公的な書類を提出し、個人信用情報のチェックや本人確認な ど、属性の申告に虚偽の報告がないか等を厳しくチェックします。

 

隠していたこともほぼ、ばれてしまいますので、嘘は通用しません。 また、仮審査や本審査の申込をして否認になると、 住宅ローンの申し込みをした履歴が残ります。

 

住宅ローン以外の借り入れがあるのに、住宅ローンの申込をしなければ ならない場合もあります。

 

そんなときには、仮審査をする前に、どこでどんな借り入れがあるのか、 延滞歴はあるのかなどを、申告するべきです。

 

仮審査で借入なしで申告し、審査に OK がでたとしても借入履歴がある 場合は、本審査では承認になりません。

>> 住宅ローン審査速攻承認プログラムはこちら

住宅ローン審査速攻承認プログラム1

 

 

元銀行融資担当員が住宅ローン審査のテクニックを大公開

個別サポート付。

☆ 住宅ローン審査の通りにくい時代となっております。 銀行は慎重に慎重を重ねるため、本来は借入れ可能な人をも非承認にしてしまっています。 住宅ローン審査の内側を知り尽くす、元銀行の融資担当員中山恵理子さんがテクニックをお教えします。しかも、電話とメールによる完全個別サポート付き。 あなたのマイホームの夢をお手伝いします。

>> 住宅ローン審査のテクニックを大公開はこちら