漠然とした不安・疑問をご相談ください!

『納得!!の住宅ローンの借り方での住宅取得相談会』

>> http://homeloan110.com/

住宅ローン審査速攻承認‐フラット35 中山恵理子 攻略法 口コミ

 

 

誰も教えてくれなかった老後を視野に入れた資金計画のポイントとは!! 住宅取得の相談の仕方は色々とあります。 漠然とした不安・疑問からの脱出!建築する時の節税効果 住宅ローンのお得!その検証や改善策などの情報をどのように 参考にすればいいのか?

 

今年、2016年の10月から消費増税の建築請負契約が始まります。 住宅資金の投資環境も変わってきています。 住宅ローンの金利は銀行ローン、フラット35の審査も変わってきています。 固定金利や変動金利、期間固定金利(3年、5年、10年固定金利)

 

消費税の駆込みはもう始まっています。 分譲地周辺や建築可能な土地を含め土地が不足し始めてきています。 過去の5%増税で2%なった時のような程ではないが駆け込みが 10月から請負契約ベースで引渡しが2017年4月から消費税アップした 建築請負契約となります。 1月なのにもう土地の動きが始まっているようです。

 

焦って高い土地を買ってもその後の生活が成り立たなければ せっかく建てて住んでも心地よくないし、意味がありません。 安心できる資金計画がこれからは重要になります。

 

ところで住宅ローンの支払方法で銀行ローンの相談で住宅展示場に行きますと 元利均等の資金計画があたかも当たりまえかのように話が進んでいきます。

 

勇気を出して聞いてみてください「元金均等はだめなんですか?」と 多分、「毎月の支払額はきつくなりますよ」と話されると思います。 本当に、「元利均等返済」と「元金均等返済」を比較したことありますか?

 

資金計画を具体的に考えると。金融機関であまり話さないことがあります。 住宅ローンの相談して借入の仕方によっては総額500万円の違いが出てきます。 住宅ローンの審査は銀行で審査は行いません。申込銀行の保証会社は審査をします。

 

また、個人信用情報は主に3社の信用情報会社が行います。

・日本信用情報機構(JICC)

・シー・アイ・シー(CIC)

・全国銀行個人信用情報センター

 

 

上記3社がメインとして個人信用情報を確認して、申込者が住宅ローン審査が通らない理由 として挙げられるのは、過去10年間のカードローンや携帯電話などの返済に大きな滞り がないかを調べています。カードローンや消費者ローンの借入れがあるかないかで 住宅ローン審査が通らない理由としてあげられていますが、銀行担当者までは来ていません のでわからないまま審査が通らないことになります。

 

 

個人信用情報で問題がなければ住宅ローンの事前審査は承認となります。 銀行ローンの審査とフラット35の住宅ローンの審査方法は違います。 みずほ銀行の大手銀行の住宅ローンと地方銀行の住宅ローンの審査はほぼ 同じですが、ロウキン、農協の住宅ローンの審査は少し異なりますし 信用会社の見る場所も違ってきます。

 

 

 

住宅ローンシミュレーションでこんなケースではどうでしょうか?

例えば、35歳(男性会社員)の方で、35年の住宅ローンを組もうとされている方のケース。

この方のケースであれば完済年齢は70歳です。金融機関の基準からすれば 完済年齢は75~80歳であり、ほとんどの場合が融資を受けることは可能でしょう。 しかし、気をつけることがあります。

「60歳~65歳までの5年間は年金が全くもらえない」ということをご存知ですか? 完済手段を考慮して返済計画を立てることが必要です。

住宅ローン審査速攻承認プログラム2

 

 

■こんな方は是非住宅ローンの借り方を考えてみてください

・ 自分自身の年金支給開始年齢は何歳から?…

定年後のライフプランを考慮したマイホームの資金計画が不安。

・ 無理の無い購入金額、どこまで無理が出来るのか?

・ 金利が変わるとどうなるの(返済額・購入可能額・必要年収…)?

・ 賃貸生活のメリット・デメリットは?

・ 生涯賃料、定年後の家賃、ご主人にもしものことがあったら…。

・ 頭金を貯めてからの購入が有利なはず…?

・ 物価、金利…が変わったら、

そして定年後のライフプランを考慮した最適な取得時期を決断したい。

・ 住宅ローンの減税の還付金や、その他の余裕資金を

有効に活用した賢い返済計画は?

 

 

ハウスメーカーや地元工務店、地元ビルダーからの資金計画としての 提案には落とし穴がります。 いくら借りて、毎月いくら支払えるか気になると思います。

 

どんな支払方法があるかのご提案です。 借入金額が同じでも借入金利や「元利均等返済」と「元金均等返済」でも 月々の支払いは違ってきます。

 

支払総額も違ってきますし、毎月支払っても10年後、15年後に逆転現象が 起きます。銀行で行っている資金計画セミナーはその銀行の銀行ローンを 売り込むためのものです。確認のために日程を決めて行っていますので 参加してみるとよくわかります。

 

 

アベノミックスの効果がじわりとで始めています。 日経平均株価が18,000円を超え、円安が進み一時1$=118円まで進み、 1ユーロ=127円と経済が上向きになってきた兆しです。 輸入関係の値上がり、輸入建材の円安による値上がりで 住宅の価格が変わりつつあります。

建材のほとんど輸入に頼っている現状では為替の動向により 輸入材の高騰は必至です。

 

「一生に一度の夢のマイホーム、の価格を見ながら新築を建築家に! できれば建築デザイナーの先生に頼んでセンスのいい住宅にしたいと思っているいるが…」でも、 建築家とつくる「建築家の住宅」は高いから無理かも…」と思っていませんか?

 

 

「景気が良くなるのはうれしいが!原材料が値上がりはいろいろと 厳しいと思います。」本音が見え隠れしています。

 

 

材料が高くなるから「ローコスト住宅でいいや」と思って展示場やオープンハウス 巡りをして最初は安いと思っていても性能や仕様と見ると 「いいものは良いんです」しかも「いいものは高いです」

 

 

住宅の性能も「Q(キュー)値」から「R(アール)値」「GJ(ギガジュール)値」と 国の方で「住宅の省エネルギー基準の見直し案」でています。 今まで「Q値」は熱の損失率での値でしたが、「GJ値」は住宅の中で使われる 家電の熱が発生する外皮面積と併せた表記となる表示に変わります。

 

住宅ローンを選ぶときに今後の経済と住宅の性能表示も考えていかなければなりません。

>> 住宅ローン審査速攻承認プログラムはこちら

 

住宅ローン審査速攻承認プログラム1

 

 

 

 

元銀行融資担当員が住宅ローン審査のテクニックを大公開

個別サポート付。

 

☆高額報酬キャンペーン!!9月末日まで!☆ 住宅ローン審査の通りにくい時代となっております。 銀行は慎重に慎重を重ねるため、本来は借入れ可能な人をも非承認にしてしまっています。 住宅ローン審査の内側を知り尽くす、元銀行の融資担当員中山恵理子がテクニックをお教えします。しかも、電話とメールによる完全個別サポート付き。 あなたのマイホームの夢をお手伝いします。

>> 住宅ローン審査のテクニックを大公開はこちら