商材内容:住宅ローン審査速攻承認プログラム

アフリエイトネットで稼ぐ住宅ローン審査の通りにくい時代となっております。
銀行は慎重に慎重を重ねるため、本来は借入れ可能な人をも
非承認にしてしまっています。住宅ローン審査の内側を知り尽くす、
元銀行の融資担当員中山恵理子がテクニックをお教えします。
しかも、電話とメールによる完全個別サポート付き。
あなたのマイホームの夢をお手伝いします。

 

・第1章では住宅ローンの基礎の基礎
・第2章では住宅ローンの基礎編
・第3章では住宅ローン応用編【金利と諸費用】
・第4章では住宅ローン応用編【申込と審査】
・第5章では住宅ローン応用編【返済方法】
・本編2では個人情報保護法対策マニュアル【審査合否の大きな鍵】

 

※金融機関は得する住宅ローンをなぜ教えてくれないのでしょうか?

 

※住宅ローンの残債有りでの新規住宅ローンの借換とその審査基準とは?

 

※住宅ローンの勤務年数は何年がベストでしょうか?その審査基準とは?

 

 

 

販売者:住宅ローン審査速攻承認プログラム

・販売者 :元銀行融資担当者の住宅ローンアドバイザー中山恵理子

・販売URL:http://homeloan110.com/

・販売価格:19,800円

・販売商品 : 住宅ローン審査速攻承認プログラム

 

■言ってはいけないことを伝えてしまったばかりに、
住宅ローンの申込ができなくなってしまったり、
逆に、言わなければいけないことを隠していたために、
住宅ローンが否認になってしまうことが往々にあります。

 

あなたはこれらの質問に即答できますか?

 

 

 

総合得点:住宅ローン審査速攻承認プログラム

 

得点:88点

住宅ローン審査速攻承認‐フラット35 中山恵理子 攻略法 口コミ(ミニ)

 

住宅ローンの借り入れをするにあたり、これらをどこまで話して良いのかなど、
普通に生活していただけでは、中々分からないと思います。

 

銀行では、住宅ローンの審査基準や審査方法は極秘ですし、
住宅ローンの通し方なども肝心なところは教えてもらえません。

 

貸す側もプロですから、いつのまにか丸裸にされてしまったり、
逆に、閉じこもり過ぎて失敗したりする訳です。

 

シミュレーションも無しに、不用意に住宅ローン申込みに行っても、
あなたには隙だらけです。

 

これら、数々の難問を楽々通過するために、プロの通し方をまとめて、サポートをセットにし、
必勝態勢のプログラムとして「住宅ローン審査速攻承認プログラム」として立ち上げました。

>> 住宅ローン審査速攻承認プログラムはこちら

住宅ローン審査速攻承認プログラム2

 

 

評価:住宅ローン審査速攻承認プログラム

オススメ情報:AA

評価AA

★元銀行融資担当員が住宅ローン審査のテクニックを大公開

個別サポート付

 

ここ最近、住宅ローン審査の壁がより高くなってきています。最強ブログ・SEO戦略
ほんの些細な事が非承認にされてしまう時代です。
もはや、事前知識なしで申請し続けることは無謀と言えます。

 

私のこのプログラムは、元融資担当員の知識と経験を詰め込み、
さらに、住宅ローンアドバイザー有資格者の直接サポート付きです。
あなたは夢のマイホームに大きく近付くはずです。

 

 

☆ 住宅ローン審査の通りにくい時代となっております。
銀行は慎重に慎重を重ねるため、本来は借入れ可能な人をも非承認にしてしまっています。
住宅ローン審査の内側を知り尽くす、元銀行の融資担当員中山恵理子さんがテクニックを
お教えします。しかも、電話とメールによる完全個別サポート付き。
あなたのマイホームの夢をお手伝いします。

 

 

 

感想:住宅ローン審査速攻承認プログラム

■ これだけは知っていて欲しい住宅ローンの常識「住宅ローンてどんなもの?」
・申込から実行までの流れ
・借入できる金額と借入期間
・給与所得者と自営業者の違い
・銀行の選び方
・住宅ローン用語集  他。

 

 

■住宅ローン審査が通らない理由!とは

 

口座引落しができず支払いの滞納があり、金融機関の履歴ついてしまった。
消費者金融からの借入、カードローンの借入残高などある場合は、
住宅ローン審査が通らない理由として一般的には金融事故が挙げられます。

 

 

★申込者本人の個人の信用情報を審査する機関は以下の3社が行います

 

・日本信用情報機構(JICC)
・シー・アイ・シー(CIC)
・全国銀行個人信用情報センター(KSC)

 

 

申込者が住宅ローン審査が通らない理由として挙げられるのは、
過去10年間の履歴でカードローンや携帯電話などの返済に大きな滞り、
金融事故がないかを調べています。

 

また、カードローンや消費者ローンの借入れがあるかないかで
住宅ローン審査が通らない理由としてあげられていますが、
保証会社からその情報は銀行担当者まで行きませんので、
事前審査や本審査の情報がわからないまま審査が通らないことになります。

 

 

★住宅ローンの審査には、事前審査と本審査があります

事前審査は、申込本人が直接銀行に出向かなくても、
住宅メーカーや不動産屋等が銀行に持ち込んで手続きをしてくれたりします。

 

 

請負・不動産契約の際のほとんどの場合事前審査を済ませてから契約を結びます。
しかし、ここで気をつけなくてはならないのは、仮審査で「承認」になって
も本審査で必ず承認になるとは限らないということです。

 

 

★金融機関は得する住宅ローンをなぜ教えてくれないのでしょうか?

銀行はなぜ、あなたに、得することを教えてはくれないのでしょうか?

当たり前のことですが、とても重要なことです。

 

それは、「倍返し」ではなく、できるだけ高い金利を住宅ローンを借りてもらって、
利息を支払ってもらえることにより、銀行は利息で利益を儲けているからです。

 

 

あなたが得する情報は、銀行が損する情報だからなのです。銀行も仕事であなたに
お金を貸しているわけですから当たり前ですね。

>> 住宅ローン審査速攻承認プログラムはこちら

住宅ローン審査速攻承認‐フラット35 中山恵理子 攻略法 口コミ